メニュー






どうしても必要なときのための、お金を借りる方法のあれこれ

お金が必要な場面というのはいろいろありますが、どうしてもその必要なお金が手元にないときには借りるしかありません。
では、このお金を借りる方法にはどんなものがあるのでしょうか。
お金を借りたいとき、多くの方が取る手段として考えられるものは、親や親戚、友人などからする借金というものではないでしょうか。
また他には、銀行や消費者金融、そして最近ではかなり人気があるカードローンということになります。
特に現代では、こうしたものはテレビのコマーシャルでも頻繁に紹介され、実に多くの方が知っているという状況ではないでしょうか。
これらは借金には違いありませんが、今はそういう暗いイメージがありません。
まず、銀行を使うときの利点は、低金利と安心感などです。
今はインターネットが使える便利な世の中ですから、これを利用すれば24時間365日いつでも受け付けてくれます。
それから、銀行系グループの大手消費者金融を利用する方も、最近ではけっこう増えています。
今すぐにお金を借りたいときには大変便利です。
銀行などで借りる場合とは違い、ここでは借りたお金の使い道が自由であることも人気の理由となっています。
蛇足ですが、以上のような銀行を始め、消費者金融、カードローンだけではなく、お金借りる方法もあります。
それは自分が住んでいる市区町村の社会福祉協議会の相談窓口です。
無利子で貸し付けてくれるところもありますから、調べてみるのもいいでしょう。

未成年者がお金を借りる方法はあるのか

キャッシングを利用するための条件は「20歳以上で継続して安定した収入がある」ということになります。
ですから、未成年者や無職の人がお金借りれることはできません。
これは当然のことで、融資を受ければそれを利息と合わせて返済していくことになりますが、その返済能力が未成年者や無職の人にはないからです。
しかし、絶対に借りられないのかというと、そういうわけでもありません。
というのも、上記の20歳以上という条件は法律で決められているわけではなく、あくまでも業界内のコンセンサスという形であるからです。
ですから一部では、未成年者であってもすでに仕事に就いていて収入がある場合には、融資を行っている機関もあります。
それでも16歳や17歳では無理ですが、18歳以上であればお金を貸してくれる業者もけっこう見つかります。
運転免許を取得するときなど、まとまったお金が必要なときには金融機関に相談してみると良いでしょう。
また、学生であれば学生ローンを利用するという方法もあります。
学生ローンは大学や短大、予備校などに通っている18歳以上の人専用のキャッシングです。
この場合、アルバイトなどである程度の収入があれば、お金を借りることができます。
学生がお金借りる方法としては奨学金がありますが、奨学金の場合には使い道が学生生活に関わるものに限定されてしまうのに比べ、学生ローンの場合には使い道が自由なので便利です。
また、学生ローンの場合にはお金を借りていることを親に内緒にすることができるのも特徴です。



Copyright© .お金を借りる All Rights Reserved.